初めての人材育成に迷いはありませんか?

ーダーにかかる負担は時とともに重くなってきています。

・人員削減による慢性的な人手不足

・顧客ニーズの多様化からくる仕事量の増加

など、その要因は様々です。

 

また、それに伴い、リーダーに求められる「人材育成能力」も高度なスキルが求められるようになってきました。

 

ところで、あなたはこんな課題を突きつけられたことはありませんか?

 

『部下とのコミュニケーション能力の向上』

『人間性のさらなる成長』

 

リーダー(もしくはマネジャー)として求められる要素であることはご理解いただけるでしょう。

 

しかし、これらの課題をどのようにすれば克服できるのか、具体的にどうなれば「克服した」と言えるのか、迷うところではありませんか?

 

このような理由で、課題克服に向けた一歩がなかなか踏み出せないでいるリーダーはかなり多いように感じています。

 

どのような理由であれ、一歩が踏み出せず現状を変えられないリーダーは「残念なリーダー」の烙印を押されたままです。

 

では、現状を打破するための『最初の一歩』とは、具体的にどんな行動を取ればいいのでしょうか?

コーチング、研修、教育
ファシリテーション、社員、研修、教育

リーダーになれなかった「責任者」

先ほどの『コミュニケーション能力』と『人間性』の向上のための具体的な行動を考える前に、少し私のことをお話しします。

 

私は会社員時代、悔しい思いをしていました。

同期の仲間がどんどん管理職に昇進する中、私は一向に昇進できずにいたのです。

 

なかなか成果が上げられない営業成績も一つの要因でしょう。

 

しかし、『コミュニケーション能力』『人間性』は僕にとっても大きなマイナス要因だったように思います。

 

なぜなら、ずっと一人で考え一人で行動していた私は、営業成績トップクラスになってもなお、昇進の声がかからなかったからです。

 

結局、管理職にはなれないまま13年間の会社員生活を終え、独立してプロコーチという新たな道を目指すことになりました。

 

その際、真剣に学んだのがコーチングという『コミュニケーションスキル』であり、『人間性』を高めるトレーニングの場でした。

 

プロコーチとの出会いがすべてを変えてくれた

会社を辞める直前に通い始めたコーチ養成機関(CTIジャパン)。

そこは、衝撃の連続でした。

 

コミュニケーションが苦手だと自分でわかっていた私は、無理やり積極的に手を上げてワークに挑みました。

 

「失敗したらどうしよう」

「笑われたら恥ずかしい」

 

そう思いながら、その場で初めて会った見ず知らずの人にコーチングをしました。

案の定、まったく上手くいかず、とても居心地の悪い思いをしました。

 

しかし、トレーナーや周りの人から意外な一言をかけられました。

 

「ナイス、トライ!」

 

営業として結果ばかりを追い求められていた会社員時代には、姿勢を認められることなどなかったと思います。

 

この一言が私に勇気を与えてくれました。

それ以降、「積極的でいること」が普通となったのです。

 

そして、プロコーチをつけました。

お金を払ってコーチングを受け始めたのです。

 

コーチングではとにかく質問を投げかけられます。

指示や命令など、具体的な行動を言い渡されることはほとんどありません。

 

徹底的に自分で考え、行動に移すためのプランを、コーチとともに設計します。

 

「この先3ヶ月で達成したい目標は?」

「この1年、何を大切にして過ごす?」

「バランスのとれた人生ってどんな人生?」

 

時には目の前の課題を、時には人生という大きな視野で捉えている課題を、様々な角度から見つめなおし、自分で解決策を考えていきます。

 

しかし、自分一人で考えるのとは違って、質問してはしっかりとうなづきながら聞いてくれる相手(コーチ)がいると、どんどん頭の中が整理され、新しいアイディアが口をついて出てきます。自分でも驚くような斬新で画期的なアイディアも溢れ出てきます。

 

まるでパソコンのハードディスクを整理整頓する『デフラグ』を自分の頭と心に行っているかのようです。

 

『自分で考えて出した答え』

行動に移せないはずはありません。

 

自分で考えた行動プランをどんどん実践し、その結果をまたコーチに聞いてもらい、一緒に振り返りをして改善策を考えていきます。

 

つまり、コーチとは、いわゆるPDCAサイクル(Plan→Do→Check→Act:計画→実行→分析→改善)を一緒に回してくれるパートナーです。

 

私は新たな『コミュニケーションスキル』を手に入れ、同時に『人間性』を高め続けるためにやるべきことも明確になりました。

 

見える世界は一変し、いつの間にか悲観的な考え方は影をひそめるようになりました。

 

『具体的な一歩』とは、「自分の成長のために必要なことを学び実践する」ということであり、私の場合は『コーチングを受ける』ことでした。

「プロコーチをつける」という選択

私は独立して以降、自分がプロコーチでありながら、プロコーチをつけています。

 

なぜなら、「成長し続ける」と覚悟を決めたからです。

 

他人の力を借りて成長する、ということに抵抗もありました。

しかし、私のみならず、人は誰しも、誰かとの関わりなしには成長しえません

 

困った時は、上司や先輩、あるいは同僚などに相談をしてきました。

また、違う会社に勤める同級生や友人達にも同じように相談をしてきました。

 

本当に悩んだ時は、数人に同じ悩みを打ち明け、答えを聞き比べるということまでしていました。

 

その結果、答えてくれる方々の、様々な意見に翻弄され、かえって悩みを大きくしていたように思います。

 

しかし、今は違います。

 

信頼できるプロコーチに全てを打ち明け、サポートを受けながら自分で解決策を考え、行動を起こすことができます。

 

プロコーチは私の課題に決して介入することなく、そばで見守りながら前に進む勇気を与えてくれます。

 

もし、リーダーとして迷いや不安があるなら、「プロコーチをつける」という選択肢があることを覚えておいてください。

 

コーチングはコミュニケーションスキルです。

コーチングを通じて、あなたの『部下に対するコミュニケーション能力』も自然と向上していくでしょう。

 

また、コーチングで使っているツールも部下育成でお役立ていただけます。

 

・コーチングを受けると具体的にどうなれるのか?

・どのように進めていくのか?

・受ける期間やペースは決まったものがあるのか?

・何を目標にすればいいのか?

など、ご不明な点があれば下記フォームよりご質問ください。

コーチングを受けて伸びる人、伸びない人

コーチングにご興味を持ってくださった方に、受けるかどうかの判断基準をお伝えします。

 

コーチングを受けて伸びる人の特徴は以下の通りです。

 

・解決したい課題がある

・できる限り自分で課題を解決したい

・成長したいという思いがある

・コーチング費用を支払うことに多少の抵抗を感じる

・失敗することに抵抗感がある

 

以上の5項目すべてに当てはまる方は、コーチングを受けてみてください。

頭の中が整理され、自ら行動を起こしていけるようになります。

結果として、必ず伸びます

 

理由をご説明します。

 

まず、解決したい課題がなければ、成長する必要もないことはご理解いただけると思います。

 

コーチングでは介入はしません。あくまで援助(サポート)をするだけです。

何より、自分の力で課題を乗り越えなければ成長は望めません。

他人任せでは何も変わらないのです。

 

初めてコーチングを受けるにあたって、費用を支払うことに抵抗がない方は、言い換えれば「無駄になってもいい」と考えているということです。

 

無駄になってもいいと考える人が、果たして本気でコーチに課題や悩み、または内面を正直に話せるかというと、そうではないように思います。

 

逆に、費用の支払いに抵抗を感じるからこそ、真剣にその費用以上の成果を得ようと必死になるのではないでしょうか。

 

最後に、失敗することに抵抗がない方は、その失敗から学ぶことができません。

失敗とは、いくばくかの「怖さ」が伴うものです。

怖さを感じることに挑戦するからこそ、成長するのであり、人間性が磨かれるのです。

覚悟を決めて決意する

もし、ここまで読んで「コーチングを受けてみたい」と思った方は、ぜひ下記のフォームから『お試しコーチング』をお申し込みください。

 

人が最も成長するのは、「成長したい」と思ったその時です。

 

もしあなたに、解決したい課題があるのなら尚更です。

それが緊急性の高いものであれ、低いものであれ今すぐ解決策を探すべきです。

 

緊急性の低い課題も、時が経てばいずれ緊急性の高い課題に変わってきます。

やらなければいけないことを、先延ばしにすればするだけ後悔が大きくなったという経験をお持ちの方なら、おわかりいただけるでしょう。

 

もちろん、決めるのはあなたです。

 

プロのサポートを受けて成長曲線を一気に高めていくのか、それとも今のまま自分なりにがんばっていくのか、どちらを選んでも構いません。

 

自分の成長のために自己投資をしようと覚悟を決めた方のみ、下記のフォームから『お試しコーチング』をお申し込みください。

 

 

とはいえ、もう少しコーチングのメリット、デメリットを考えてみたいという方は、下記のリンクを参考にしてみてください。

 

 

パーソナル・コーチング(ページ中程『コーチングQ&A』をご参照ください)

講座・セミナーのお知らせ

日本コーチ協会勉強会『傾聴スキルを磨こう!

 

【日時】2017年8月26日(土) 10:00〜12:00

【会場】高松テルサ208会議室

【参加費】会員:1,000円 非会員:3,000円

 

【メールでのお申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本まで)

日本コーチ協会勉強会

コーチングビジネスの可能性』

日時:平成28年10月15日(土)10:00〜12:00

会場:アイパル香川 第2会議室

参加費:会員 1,000円 非会員 3,000円

定員:30名(定員に達し次第締め切り)

【詳細・お申込み】https://www.facebook.com/events/1775441002730261/

【メールでのお申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本まで)

高松市市民活動センター主催

聞いて聴いて深堀するファシリテーション講座』

日時:平成28年10月7日(金)13:30~17:30

会場:高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG8階

参加費:無料

【詳細・お申込み】http://www.flat-takamatsu.net/bcs/info3044.html

リーダーマインド構築セミナー

これからリーダー(管理職)になる方や、管理職として部下指導に

お悩みを持っている方に、どうすれば部下の主体性が引き出せるか、

そのヒントをお伝えします。

 

『リーダーのためのコーチング』

日時:2016年7月23日(土)13:00〜16:00

会場:高松市内会議室(申込者に直接連絡します)

参加費:3,000円

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

中小企業経営者のための『社員のやる気を高めるコーチング入門 実践的3ステップ』

【日時】2016年6月4日(土)13:00〜16:00

    ※終わり次第、無料個別相談、無料コーチング体験を行います(希望者のみ)

【会場】高松市内会議室

【概要】・あきらめがちで向上心のない社員(部下)に悩んでいる

    ・常に指示を待ち、自分から行動しない社員(部下)に悩んでいる

    ・ホメたり叱ったり、ていねいに教えているが、社員(部下)の成果が
     なかなか上がらなくて悩んでいる

    上記のようなお悩みを解決する具体策をお伝えします。

【参加費】3,000円

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

【経営者・管理職向けセミナー】『社員のやりがいを引き出すコーチング』

【日時】2016年4月16日(土)13:00〜15:00

    ※終わり次第、コーチング体験会を開催します(17:00まで)

【会場】高松市内会議室(お申込みいただいた方に直接お伝えします)

【概要】・あきらめがちで向上心のない社員(部下)に悩んでいる

    ・常に指示を待ち、自分から行動しない社員(部下)に悩んでいる

    ・ホメたり叱ったり、ていねいに教えているが、社員(部下)の成果が
     なかなか上がらなくて悩んでいる

    上記のようなお悩みを解決する具体策をお伝えします。

【参加費】3,000円

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

2016年3月19日(土)『リーダーのための自分を育てる教室』体験説明会

【時間】13:00〜16:00【会場】高松市内会議室(未定)

【概要】2016年4月〜2017年1月にかけて行う、若手リーダーのための学び場。

【参加費】2,000円
『リーダーのための自分を育てる教室』の体験説明会を実施します。
リーダー育成に課題を感じている経営者の方はぜひご参加ください。

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

2016年2月14日(日)タイムマネジメント&コミュニケーション セミナー

【時間】13:00〜17:00【会場】高松テルサ101会議室

【概要】タイムマネジメント:失敗したなら、もう一度がんばればいい。でも、この時間管理術でそれはない。自分のタイプを知って間違いのない時間管理術を学ぼう

コミュニケーション:元アナウンサーが教える 発声の仕方を変えて相手に好印象を与える方法

【参加費】5,000円(当日会場でお支払いください)

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

2016年1月23日(土)コーチング体験会&ミニ勉強会

【時間】14:00〜17:00【会場】コピーマック高松店

【概要】新年の計画を改めて立ててみませんか?

【参加費】1,000円(当日会場でお支払いください)

【お申込み】yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com(山本武史まで)

2016年1月22日(金)プレゼンテーション講座

【時間】13:30〜17:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

【詳細】http://www.flat-takamatsu.net/bcs/info2555.html

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

2016年1月16日(土)プレゼンテーション講座

【時間】13:30〜17:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

【詳細】http://www.flat-takamatsu.net/bcs/info2555.html

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

2015年12月19日(土)ファシリテーション講座【参加費無料】

【時間】13:30〜17:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

【詳細】http://www.flat-takamatsu.net/bcs/info2548.html

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

2015年12月18日(金)ファシリテーション講座【参加費無料】

【時間】13:30〜17:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

【詳細】http://www.flat-takamatsu.net/bcs/info2548.html

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

2015年11月21日(土)第11回 コーチング体験会&ミニ勉強会

【時間】13:00〜16:00【会場】コピーマック高松店【参加費:1,000円】

2015年11月20日(金)ロジカルシンキング講座【参加費無料】

【時間】13:30〜16:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

2015年11月7日(土)ロジカルシンキング講座【参加費無料】

【時間】13:30〜16:30【会場】高松市市民活動センター(瓦町FLAG8階)

お問合せ:info@flat-takamatsu.net

リーダーのための自分を育てる教室体験説明会概要
リーダーのための自分を育てる教室.pdf
PDFファイル 764.6 KB

2015年8月23日 FAJ四国サロン例会 アイパル香川

(親子でえがこう!ワクワクする未来~対話でえがくそれぞれのビジョン~)

2015年8月20日 日本コーチ協会四国チャプター勉強会 サンポート高松

         (フランクルに学ぶ メンタルタフネス)

2015年7月19日 第7回コーチング体験会&ミニ勉強会 コピーマック高松店

2015年7月18日 ファシリテーション講座 高松市民活動センター

2015年7月6日   新入社員セミナー 高松商工会議所

2015年6月29日 若手社員フォローアップセミナー 高松商工会議所

2015年6月28日 第6回コーチング体験会&ミニ勉強会 コピーマック高松店

ブログ

働き方改革、何が求められる??

台風5号、凄まじいです・・・。

 

 

 

このメールを書いているのが

本日8月7日午前8時30分。

 

 

叩きつけるような雨が風に煽られ、

上から横から時には下から降っています。

 

 

こんな時にこそ、やっておきたいことがあります。

 

それは・・・。

 

 

 

続きは編集後記で・・・。

 

 

 

 

━☆お知らせコーナー☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

~その①~日本コーチ協会四国チャプター勉強会

 

『傾聴スキルを磨こう!』

 

「正しいきき方」をマスターして、ビジネスやプライベートで

良い人間関係づくりに活かしましょう!

 

【日時】2017年8月26日(土) 10:00~12:00

【会場】高松テルサ208会議室

【参加費】会員:1,000円 非会員:3,000円

 (当日、会員登録も可能です。ご希望の方はお声がけください)

 

お申し込みは下記までお願いします。

 

【メール】coaching.shikoku@gmail.com

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

さて、ここからが本題です。

 

 

 

法務局、市役所や民間企業で、

 

ここ最近、研修の登壇機会が急上昇している

 

あるテーマがあります。

 

 

 

それは・・・

 

 

『タイムマネジメント』です。

 

 

 

数年前から人気のテーマですが、

 

ここ1年ほどは特に多くなっているように感じます。

 

 

 

その要因の一つは

 

『働き方改革』でしょう。

 

 

 

 

働き方改革には、下記の9つのポイントがあります。

 

 

1)同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善

 

2)賃金引き上げと労働生産性の向上

 

3)時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正

 

4)雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、

  人材育成、格差を固定化させない教育の問題

 

5)テレワーク、副業・兼業などの柔軟な働き方

 

6)働き方に中立的な社会保障制度・税制など

  女性・若者が活躍しやすい環境整備

 

7)高齢者の就業促進

 

8)病気の治療や子育て・介護と仕事の両立

 

9)外国人材の受入れの問題

 

 

 

これらを通じて、

 

例えば、『ワークライフバランスの向上』を謳いつつ、

 

日本全体の生産性の向上を狙っているのです。

 

 

 

 

そうなると・・・、

 

企業が求めることは、

 

当然ながら、「一人一人の生産性向上」です。

 

 

 

時間単価の高い仕事をしてくれる優秀な人材を

 

育てるために『タイムマネジメント』研修を受講させ、

 

生産性を高めようとする狙いがあるのでしょう。

 

 

 

 

 

しかし・・・、

 

 

 

タイムマネジメント研修を実施しても、

 

劇的な改善(時間効率のアップ)は

 

ほとんどの組織で実現しません。

 

 

 

 

高い研修成果が出る組織の方が少ないのが

 

残念ながら、現状です。

 

 

 

そこには、ある問題が隠れています。

 

 

 

 

その問題とは

 

『モチベーションの低下』です。

 

 

 

 

時間効率を上げる考え方や進め方は

 

実はさほど難しくありません。

 

 

 

常識的に考えれば、誰でも思いつくし、

 

実行可能です。

 

 

 

つまり、タイムマネジメントの肝は、

 

研修内容そのものではなく、

 

 

 

『いかにモチベーションを高く保つか』

 

 

 

といった、日常の気の持ちようだったりします。

 

 

 

 

 

では、生産性を高めるために

 

モチベーションを高く維持するには

 

一体何が必要なのか?

 

 

 

この辺りは、

 

また次回にお話ししたいと思います。

 

 

 

 

今、国で進めている『働き方改革』

 

この時流に求められることは、

 

 

 

一言で言うと『生産性の向上』です。

 

 

 

 

が、その裏に、

 

『モチベーションアップ』と言うテーマも

 

しっかり向き合わなければならないことを

 

覚えておきたいものです。

 

 

 

 

 

さて、今回はここまでです。

 

 

 

 

次回も楽しみに待っていてくださいね^^

 

 

 

 

もし、あなたもご自身や組織の学習について

疑問があれば教えて下さい。

 

 

 

(ご意見、ご感想はこちら↓

 yamamoto.takeshi.cskkc345@gmail.com)

 

 

 

最後までお読みいただき、

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回の内容はお役に立てましたでしょうか?

 

 

あなたの組織をよりよくすることや

 

あなた自身の成長のヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

 

 

今日のような台風などで外出ができない時って困りませんか?

 

でも、そんな時にこそやっておきたいことがあります。

 

 

それは、『第2領域のタスク』です。

 

 

第2領域のタスクとは、

名著『7つの習慣』の中で紹介されている

 

『重要だけど緊急ではない』タスクのことです。

 

 

具体的にどんなものが入ってくるかというと

 

・予防、PCを高める活動

・人間関係づくり

・新しい機会を見つけること

・準備や計画

・心身をリラックスさせること

 

※PC=Production Capability(成果を生み出す能力)

 

 

もう少し具体化すると、例えば・・・、

 

「家族でゆっくり話し合う時間をとって、

 災害対策などのプランを考える」

 

「読書やeラーニングなどで自己研鑽に励む」

 

「ニュースやビジネス雑誌(インターネット含む)を

 じっくり読み込み、時流を見つめる」

 

「手帳を取り出し、今年いっぱいの予定を見直し、

 第2領域のタスクをスケジュール化する」

 

「外出はすべてキャンセルし、

 室内でできる趣味に没頭する時間を取る」

 

こんな過ごし方もいいのではないでしょうか。

 

 

第2領域のタスクは一朝一夕で成果の出るものではありません。

 

が、だからこそ、外出がままならない時にこそ、

じっくり時間をとってやってみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年

3月

10日

なぜ、リーダーは心理学を学ぶべきなのか?

ポテンシャルビジョンのブログへようこそ。

代表の山本武史です。

 

ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました^^;

今後はちょいちょい更新していきますね。

 

さて、今日のテーマとして、『心理学』を挙げています。

 

リーダーは心理学を学ぶべきか否か?

 

と問われれば、僕は間違いなく「Yes!」と答えます。

 

 

 

なぜなら、

 

「リーダー自身の体験だけに基づく指導では、

 再現性や普遍性が担保できないから」

 

です。

 

 

もちろん、リーダー自身の体験は貴重なものですし、

部下や後輩にとっても有益な情報となります。

 

 

が、しかし、それだけに頼っていては応用範囲が狭く、

自分とはタイプが違う部下や後輩には通用しなくなってしまいます。

 

 

「ついてこれる者だけついて来い!」

 

という考え方が通用する組織ならそれでも構いませんが・・・。

 

 

 

生きがいや仕事のやりがいは人それぞれですし、

幸福の定義も違うでしょう。

 

また、強みや弱み、得手不得手も様々ですし、

価値観や信念も人の数だけ存在します。

 

 

で、そんな『人の多様性』に広く応用できるのが

『心理学』なのです。

 

 

もちろん、心理学も万能ではありません。

あくまで人が考えたものですからね。

 

 

しかし、人の心理にはある一定の傾向があるのも確かです。

 

その傾向を知っているのと、全く知らないでいるのとでは、

人材育成の精度が変わってくると思うのです。

 

 

ある方に

「体験に基づかない意見(指示命令、提言)には説得力がない」

と一蹴されたことがありますが、

 

心理学はたった一人の体験談ではなく、

非常に多くの、または多様な人々の体験を集結させたものです。

 

 

確かに心に突き刺さるインパクトには欠けるかもしれませんが、

その精度は確かです。

 

 

特に、リーダーに学んで欲しい心理学としては

個人を高めるための『アドラー心理学』と『フランクル心理学』です。

 

二つの心理学には多くの共通点がありますが、

決定的な違いもあります。

 

 

どちらが正しいかではなく、

自分を高めていく上で役立つものを取り入れていきましょう。

 

 

 

部下や周囲と良い関係を気づきながら成長したいなら、

ぜひこの二つの心理学を学んでみてください。

 

 

参考までに・・・、僕は、

アドラー心理学には教育の概念を変えさせられましたし、

フランクル心理学には、生きる意味を見出すきっかけをもらいました。

 

 

自分自身の成長には欠かせないものになりました。

 

また、プロコーチ、プロ講師として、

人の成長に関わる上で、とても重宝しています。

 

 

人の成長をサポートするためにも、

かなり重要な考え方がびっしり詰まっています。

 

 

ご興味ある方は、関係書籍をお読みくださいね。

 

また、僕の方にもお気軽に聞いてください。

メールフォームからでも結構ですし、

コメント欄にご記入いただければ返信いたしますよ。

 

 

では、今日はこの辺りで・・・。

0 コメント

お問い合わせ

研修導入、研修、セミナー、講演のご相談、ご質問、お問い合わせは右記フォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

メモ: * は入力必須項目です